やっとブログを更新できますわ。

おまたせ。

主です。 


今回は、焼きそばを作ってみましたよ。




準備した食材は

豚肉

キャベツ

にら

にんじん

玉ねぎ

焼きそば用のそば

以上。


味付けは、塩こしょう

みりん

ごま油

ソースです。

作り方。

主婦の皆さまこんな簡単なものでごめんなさい。



まずは具材を切ってしまって


おもむろに鉄板にて炒めてしまいます。
2473A3B2-A55E-41D5-B016-6F06371A3ADD

程よく炒められたら、

そばを投入。
A40DA9B1-DB08-425C-963D-18E446E0E3E8


焦げないように手早く混ぜてしまします。


みりんを入れて、少しの水を入れてから、5分ほど蒸します。
D185389F-B783-4DFA-B357-2FE043B92D2E


蒸したら、これまた手早くソースを入れて混ぜます。

BFE4FB74-D202-4F4D-9C16-B3C41C43DEEC

はい、完成。

 
焼きそばは簡単にできるからいいよね。

具材も大雑把でいいし。
ただ、気を付けないと焦げ付いてしまうので、火加減?
ホットプレート加減?

には十分注意しています。

では、今回の材料の説明と、
今の自分の状態を紹介しますね。

体調:良好

にんじん:平性 血を補う

キャベツ:平性 気を補う

玉ねぎ:温性 水の偏りを直す

にら:温性 身体を温める

ごま油:涼性 水を補う

豚肉:血を補う

東洋医学において重要な気・血・水を全部補うことができました。


味については、みりんを入れたことによって、ソース単体と比べると甘さを感じることができ、

味に深みが出ていました。


焼きそば含め、結構日常で作れるような料理でも、見方を変えれば薬膳料理になるのでは!?

と考え始めた今日この頃。


外食でも、考えようによっては薬膳喰いが常にできるのではなかろうか。
この前のしゃぶしゃぶしかり。

デザートや甘いものは身体を冷やすと思うので、この時期は控えたほうが良いのかも。

どーしてもというのなら、黒砂糖入りのものがベターかなぁ。


次はデザートでも作ってみようっと。


・・・・気が向いたら、ね。

ではまたお会いしましょう。

ご機嫌でズボラな薬膳生活を!